読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COMIC BREAK DOWN!

漫画やイラストを描いたり同人誌を発行したりしています。

ベレッタM92バーテック & ベレッタM92SB モデルガン (カスタム)

 今回はマルシン M92Fベースのカスタムモデルガンです。

マルシンのM92Fは発売当時から非常に快調作動な銃です(ファイアリングピンの変形と折れさえ無ければ…)。

マルシンは未だに92F系のモデルガンを再販し続けてくれているので重宝します。

 

M92Fベースで作った2挺。

上がベレッタM92SB、下がベレッタM92バーテック。

f:id:comicbreakdown:20160902231954j:plain

M92SBといえば鈴木製モデルガンが既にあるのですが、いかんせんセンターファイヤーじゃ無いのが…それと、一時期マルシンからも92SBのHW製モデルガンが発売されていましたが、こちらも今は中々手に入らない…という事でプロップガンとして快調に作動するモデルが欲しくて、あえてM92Fをカスタムして作成しました。

バーテックの方はSITが採用していると知り、刑事モノで使える!…と思い作成した次第です。

 

↓マルシンM92SBFベースベレッタM92バーテック。

f:id:comicbreakdown:20160902232018j:plain

加工上手な方ならKSCのフレームにマルシンモデルガンのシャーシを組み込んでフレーム回りを完成させる所なんでしょうが、それをやろうとして上手く出来なかった私はKSCのフレームを部分的に切り取ってマルシンのフレームに接着しています。

 

↓反対側。

f:id:comicbreakdown:20160902232037j:plain

スライドの加工はフロントサイト、リアサイト回りの形状修正ぐらいで、バレルはCQB用をそのまま使っています。

この銃のベースは初期に発売された92SBFです。

本来なら後期に発売された92FSをベースにすべきなんでしょうが、当時ABS製モデルガンの中古で探したらコレしか入手出来なかったもので…。

 

 ↓M3タイプフラッシュライトを付けるとこんな感じ。

f:id:comicbreakdown:20160902232056j:plain

実際のSITのバーテックには超小型の光学サイトとレーザーグリップも装着されているそうで、かなりの豪華絢爛仕様ですね…。

 

 ↓こちらはマルシンM92FSベースベレッタM92SB。

f:id:comicbreakdown:20160902232116j:plain

先のバーテックからかなり時間が空いてこっちを作成したのですが、今度はM92FSしか手に入らなくて…。

なのでハンマーピンが大きい92SBになっています(グリップでほとんど見えませんけど)。

 

↓反対側。

f:id:comicbreakdown:20160902232136j:plain

カスタム個所はトリガーガードを丸めて、グリップフレーム前面を鈴木92SBから移植して、ランヤードリンクの穴を開け直して角度を変えたぐらい。

グリップは鈴木92SBに付いていた木製グリップです。

 ↓鈴木ベレッタM92SB(左)と。

f:id:comicbreakdown:20160902232154j:plain

実は私個人的にはベレッタ92系ではM92SBが一番好きなんです。

で、モデルガンとしてコレクションするだけなら鈴木のベレッタM92SBが一番いいですね。

今でも中古店で安く売られているとついつい買ってしまいたい衝動に駆られます。