COMIC BREAK DOWN!

イラスト中心ですが時々モデルガンやホビーも紹介してます

B.W.C. キンバー ウルトラ RCPⅡ モデルガン

f:id:comicbreakdown:20160909201523j:plain

自作カスタムモデルガンのネタが尽きてきたので…

今回は最近買ったモデルガンをご紹介。

B.W.C.さんのキンバー ウルトラ RCPⅡ(Kimber Ultra RCPⅡ)です。

 

↓パッケージ。

f:id:comicbreakdown:20160909201542j:plain

実はB.W.C.のモデルガンを買うのは今回が初めてです。

B.W.C.はタニオ・コバGM-7をベースにしたカスタムモデルガンを主に発売しているメーカーさんです。

現在進行形で新作モデルガンを発売してくれる非常に希少なメーカーさんなのと、そのラインナップがかなりマニアックなので以前から気になっていました。

正直、B.W.C.さんのモデルガンは少数限定生産って事もあり、かなりお値段が張るので今まで手を出し辛かったのですが…

ついに清水の舞台から飛び降りてしまいました…。

 

↓箱の中はこんな感じ。

f:id:comicbreakdown:20160909201558j:plain

昔のモデルガンのパッケージに比べると最近のモデルガンは非常に簡素です。

付属品はマニュアルとWキャップカートリッジ1箱とローダー。

 

↓3インチ コンパクトの発火仕様モデルガンです。

f:id:comicbreakdown:20160912215726j:plain

キンバー ウルトラRCPⅡの購入を決意した最大の理由は「3インチ」で「発火モデル」であるという事です。

というのも、ガバメント系の3インチモデルを発火仕様で再現したのはB.W.C.さんが初めてなんだそうです。

これは今年春のショットショーでタニオ・コバの小林社長が話されていたのですが、過去にMGCで設計したデトニクスは実は3インチではストロークの問題か何かで上手くブローバックが再現出来なかった為にスライドを少し長くしていて、実銃とはサイズが異なるそうです。

その小林社長が、B.W.C.の飯野社長が3インチを作ると言った時に苦労するからやめておけとアドバイスをしたとか。

それでも飯野社長は試行錯誤を繰り返し、苦労の末にブローバック発火出来る3インチモデルを開発したのだそうです。

 

↓反対側。

f:id:comicbreakdown:20160909201635j:plain

私はショットショーでその話を聞き、更に目の前で飯野社長がキンバー ウルトラRCPⅡのデモ発火をするのを見て「欲しい!」と思ったのでした。

B.W.C.さんからはウルトラRCPⅡ以外にも何種類か3インチコンパクトが発売されていますが、その中で私がこのウルトラRCPⅡを選んだのはその個性的な外観に惚れたからです。

 

↓個性的なリアサイトとハンマー。

f:id:comicbreakdown:20160909201659j:plain

まずこのウルトラRCPⅡの特徴はフロントサイトの無いスッキリしたスライド上面と一体のようで実は別パーツのリアサイト。

このリアサイトはウルトラRCPⅡ専用に新規に製作されたパーツです。

 

↓専用グリップ。

f:id:comicbreakdown:20160912202143j:plain

個性的な3本ラインの入ったグリップも専用の新規パーツ。

 

↓ハウジングにもスリット。

f:id:comicbreakdown:20160912202205j:plain

ハウジングやグリップセイフティも専用の新規パーツでロストワックス製法で製作されているそうです。

 

↓とにかく新規の専用パーツだらけ。

f:id:comicbreakdown:20160912202221j:plain

この銃を再現する為の新規製作パーツが盛りだくさんで非常に贅沢な印象です。

 

↓分解。

f:id:comicbreakdown:20160909201751j:plain

B.W.C.のモデルガンはGM-7をベースにしているので完全なオリジナル設計では無いのですが、ウルトラRCPⅡを含む3インチ コンパクトの場合、スライド、バレル、リコイルSP周りがB.W.C.オリジナル設計になっていて専用のWキャップカートリッジでの発火が出来る仕様になっています。

ちなみに発火方式はストレートブローバックで最終弾を撃ってもスライドストップは掛らない仕様になっています。

これは3インチでの作動を優先したんだと思いますが、手動でならスライドストップを掛ける事は出来ます。

 

↓フラッシュホールデトネーター。

f:id:comicbreakdown:20160909201725j:plain

Wキャップでブローバックとマズルフラッシュを両方発火させる為の専用デトネーターで真ん中に穴が開いています。

バレル自体もチョークドバレルになっています。

 

↓B.W.C.オリジナル設計のブリーチ。

f:id:comicbreakdown:20160909201810j:plain

タニオコバ製のブリーチと違い、実銃同様のフラットな砲底面やエキストラクターの再現等こだわりを感じます。

 

MGCデトニクス モデルガンと比較。

f:id:comicbreakdown:20160909201824j:plain

やはりMGCのデトニクスは少し長いです。

わずかな長さですが、それでも印象はかなり変わります。

 

↓テキトーなホルスターに入れてみた。

f:id:comicbreakdown:20160909201850j:plain

コンパクトに使えるヒップホルスターがコレしか無くて…。

「究極のコンシールドキャリー」に相応しいホルスターが欲しいところです。

 

↓撃って遊ばねば…

f:id:comicbreakdown:20160909201913j:plain

実は買ってから1か月ぐらい経ちますがまだ発火させていません…。

早くWキャップの発火を体験したいみたいところなのですが、マンションの一室でこれを撃つのは憚れるんで…。

今回、実はガンショップの最後の在庫を通販で購入したのですが、届いた商品のFピンストップに不具合があり、駄目元でB.W.C.さんに連絡をしたところ、すぐに修理調整対応をして頂けました。

しかも送り返して頂いた時に手書きのお手紙まで添えて頂いていて、非常に丁寧な対応に感激しました。

B.W.C.さんに感謝&これからも応援していきます!

 

↓オリジナル漫画・イラストの同人誌販売開始してます。

comicbreakdown.booth.pm