読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COMIC BREAK DOWN!

漫画やイラストを描いたり同人誌を発行したりしています。

メガミデバイスにハマる

f:id:comicbreakdown:20161226021147j:plain

久しぶりのブログ更新です。

というのも、最近全然イラストを描いてなくて…

プラモ作りに熱中しておりました。

今月コトブキヤから発売された「メガミデバイス」にハマっております。

 

f:id:comicbreakdown:20161226154824j:plain

↑メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト(武装モード)。

コトブキヤオリジナルの女の子型可動フィギュアのプラモデルです。

2種類のキャラクターから選択できるコンパチキットになっているので

写真の2種類を完成させるには2個買う必要があります。

ちなみに左が「アサルト」、右が「スカウト」。

 

f:id:comicbreakdown:20161226155115j:plain

↑こちらは素体モード。

このキットはアサルトとスカウトのヘッド2種からの選択式で、それぞれの素体モードと武装モードに組み替えが出来る仕様になっています。

ちなみにキャラクターデザインは島田フミカネ氏。

デザインといい、商品の仕様といい、武装神姫を意識した商品だなぁと感じます。

 

f:id:comicbreakdown:20161226155225j:plain

↑アサルトとスカウトはヘッドのデザインだけではなく、

肌の色味も違っています。

素体モード、武装モードにそれぞれ4種類の手首パーツが付いていて、

銃用の持ち手等もあるのでいろんな小物が持たせられます。

ちなみに手に持っているのはリトルアーモリーという1/12武器プラモ。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021300j:plain

↑メガミデバイスにはマシーニカ素体が採用されています。

武装神姫figmaの素体を開発した浅井真紀氏の最新素体です。

女の子のボディラインと可動の両立が素晴らしく、ポージングの幅も広いです。

 

f:id:comicbreakdown:20161226155741j:plain

↑特に胴体の可動範囲が半端なく秀逸。

武装神姫figma等の可動フィギュアと比べても圧倒的に可動範囲が広いです。

ちなみにfigmaスタンドがそのまま使えます。

 

f:id:comicbreakdown:20161226160259j:plain

 ↑ライフルを構えるポーズもバッチリ決まります。

他のフィギュアだと中々決まりにくい銃を構えたポーズも

特徴的な肩関節の構造のお陰で違和感なく決まります。

 

f:id:comicbreakdown:20161226160559j:plain

↑彩色済みのフェイスパーツが3種類ずつ付属。

至れり尽くせりな付属品です。

彩色済みなので素組みでも大丈夫。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021327j:plain

↑スカウト武装モード。

素体モードもいいのですが、メカっぽい武装モードもカッコいい。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021459j:plain

↑武装モードには武器とヘルメットも付属しています。

ヘルメットのバイザー部分にフェイスパーツを差し替える事が出来て

組み替え遊びがいろいろと楽しめます。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021528j:plain

f:id:comicbreakdown:20161226161013j:plain

 ↑リトルアーモリーと絡めた遊びが楽しい。

背景に使っているのはリトルアーモリーのガンロッカー2種を組み合わせた物で

写っている銃やガンケースもほとんどリトルアーモリーです。

(一部figmaの付属品の銃も混ざっています)

メガミデバイスで遊ぶためにリトルアーモリーを後から買い始めたんですが、

凝り出すと次々に買ってしまい…本体以上にお金を使って仕舞いました。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021552j:plain

コーナンで買ったミニコンテナ。

2体分の余剰パーツを仕舞うのに使っています。

積み重ねた状態で固定出来るので整理に便利です。

 

f:id:comicbreakdown:20161226021617j:plain

↑アルティメットニッパー5.0。

ネットで凄いニッパーだと話題だったので買ってしまいました。

お値段も凄いですが、ホントに切れ味が凄いです。

これのお陰でプラモ作りが少し楽になりました。

 

f:id:comicbreakdown:20161226161136j:plain

 ちょっと息抜きのつもりが結構な割合でハマってしまったメガミデバイス。

1月には第2弾も発売予定なので暫く熱は冷めえないような気がしますが、

多様なポージングが出来るのを生かしてイラストの題材に出来るかなぁ…

と目論んでみたりもしております。