読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COMIC BREAK DOWN!

漫画やイラストを描いたり同人誌を発行したりしています。

ブレンテン モデルガン化(テスト機編・1)

f:id:comicbreakdown:20170425015205j:plain

 かつて私が熱狂的に好きだった海外刑事ドラマ「マイアミバイス」。

日本では1986年からテレ東系で放送されていたんですが、もう30年も昔の話。

2006年にはコリン・ファレル主演でリメイク映画も公開されましたが、

私の中ではやはり「ドン・ジョンソン」なんです。

そして、ドン・ジョンソンが劇中で使っていた銃が「ブレンテン」。

劇中ではシーズン1・2のみの使用でしたが、そのインパクトはかなり鮮烈でした。

 

…で、ブレンテンのモデルガンが欲しいーーー!

けど、どこのメーカーもモデルガン化してくれなーーーい!

 

ので、私は当時ファルコントーイというメーカーから唯一発売されていた

ガスガンのガワをMGCGM-5に貼り付けてブレンテンモドキを製作。

それを自主映画に登場させた云々は過去のブログに書いた通り…。

そして、10年程前にネットでマルシン製ガスガンをベースにブレンテンをモデルガン化している方々のHPを発見し、消えかけていたブレンテン熱に再び火がついて…。

 

大袈裟に書くと「30年越しの夢」を実現するゾーー!


…という事でここ数年、コツコツと作業を続けていたブレンテンの

モデルガン化がようやく形になったのでお披露目します。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015249j:plain

 ↑ブレンテン(モデルガン化テスト機)。

絶版になった固定ガスガンをベースにして、元のガスガンのパーツを

出来るだけ生かしながらモデルガン化しています。

ちなみに何故テスト機なのかというと…

最終的にはオールシルバーメッキで完成させるつもりだからです。

切ったり削ったりの作業で多少傷が付いても補修可能なABSスライドで

一旦完成させて、それを参考にメッキスライドの加工を行う予定です。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015307j:plain

 ↑反対側。

今回は「発火モデルガン」として動作する事を前提にカスタムしています。

ちなみにスライドストップは手動でしか掛かりません。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015329j:plain

 ↑スライドとフレームを分解した状態。

今回はスライドとフレームの外観をそのまま流用する前提なので

元のガスガンの内部メカで流用出来る部分を出来るだけそのまま使っています。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015348j:plain

 ↑更に分解。

意外にもフレーム側は加工して流用できるパーツが多いのですが、

スライド側はブリーチやバレルやリコイルSPやらと他のモデルガンから

流用するかスクラッチが必要なパーツが多く、かなり手こずりました。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015457j:plain

 ↑ブリーチブロックはKSC 93Rから流用した物を加工。

ブリーチの長さが合うモデルガンを探した結果、93Rがほぼ同じでした。

ちなみに93Rのファイアリングピンは2ピースになっていて、前半分がプラ素材、後ろ半分が金属になっていています。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015759j:plain

 ↑アルミで自作したエキストラクター。

ブレンテンのエキストラクターは独特の形状をしているので

流用出来る物がなく、フルスクラッチする事に。

まずABS板で試作を作って形状を決めてからそれをゲージに

5mmアルミ板を削って製作しました。

アルミは強度的に不安なので真鍮かステンレスで作り直すかも…。

ちなみに実銃のエキストラクターとは構造が違っています。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015540j:plain

 ↑マルシン92Fの物を加工したバレル。

92Fのバレルにブレンテンのチャンバーカバーを被せて加工。

バレルの長さはそのままです。

試作機なので仕上げは雑です。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015719j:plain

 ↑他に加工したパーツ等。

インナーフレームを削ったり、エジェクターを取り付けたり…。

リコイルSPはジャンクパーツから適当に流用。

SPガイドはGM-5の物を加工しています。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015523j:plain

 ↑フレーム内部はこんな感じです。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015824j:plain

 ↑問題のトリガーバー。

トリガーバー自体は削ったりの加工が必要なんですが、それ以前に割れてる…。

ブレンテンのトリガーバーは元々強度不足で割れ易いらしいのです。

仕方なく割れた部分に穴を貫通させて、真鍮線を通して瞬着で補強。

どれだけ持つか不安なところです。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015846j:plain

 ↑マガジンはMGC M9から流用。

サイズが合うマガジンをいろいろ探してみたのですが、同じ92F系でも

マルシンのマガジンは太くてトリガーバーに当たってしまい使えず、

MGCの物が一番ピッタリ(でもフレーム内前後幅に対して少し小さいのでABS板等のスペーサーをフレーム内側に接着する必要があります)。

加工はマグキャッチの穴を開け直して底面をブレンテンのフレームに合わせて

カットし、ABS板から自作したバンパー部分をピン2本で固定しました。

 

f:id:comicbreakdown:20170425015906j:plain

↑月刊GUNブレンテン表紙号と。

まだ発火テストはしていません。

一応、手動ではカートリッジの装填、排莢は問題なく出来ましたが、

トリガーバーの調整が微妙な状態で、シングルアクションは問題ないのですが、

ダブルアクションではトリガーが戻らない症状が出ています。

諸々まだ調整が必要な状態ですが…

やっとここまでこぎつけたので根気強く完成を目指したいと思います。